ジーガントフタ

Aimo Nietosvuoriの陶板

アイモ・ニエトスブオリはジーガントフタを代表するアーティストの一人です。フィンラド生まれの彼は18歳の頃に陶芸を学ぶためスウェーデンに渡り、Ernst Hornfeldtの元で陶芸を学びます。 その後独立して自身のアトリエ”Lertuppen”を持ち、1970年頃に開催した展示会の際にジーガントフタの目に留まり、1976年にデザイナーとして採用されまでになりました。 この陶板シリーズも様々な種類があったりしますが、実際にスウェーデンに生息する花々をモチーフとしているあたりが、 興味を惹かれる所ですね。裏面には"●●県●●花"と言った具合にサインが入っていたりもします。 その後25年間ジーガントフタのチーフデザイナーとして1400以上の作品を発表しました。

ジーガントフタ

|土の温かみを感じさせます。

やはりこの陶板やオブジェのいい所は、土が持つ良さをとても良く引き出している所ではないでしょうか。プラスそこにスウェーデンの植物や動物をモチーフとしている部分がとてもよくマッチしています。ヒマワリの陶板なんかはもう飛び出してきそうな感じです。

ジーガントフタ

|シンプルなインテリアに引き立つ

結構この手の飾り陶板は、シンプルなお部屋が似合いそうな感じですね。何もない壁に一枚だけ飾ったりすると 良い感じになりそうです。オブジェも素朴な雰囲気なので、インテリアにスッと溶け込みそうです。

ジーガントフタ
ジーガントフタ

■ジーガントフタ/JIE GANTFTA スウェーデン 1942~1992年

|アイテム一覧