ラプアンカンクリ

北欧らしいフェルトカバーに包まれた”湯たんぽ”

寒い季節の必需品にはいろいろありますが、北欧らしい柄が施された織物に包まれた湯たんぽは、思わず目を引きます。 フィンランドはヘルシンキの北西に位置する小さな街”ラプア”。そこで100年前から創業を続ける織物工場があります。 ラプアンカンクリ”ラプアの織り手たち”と名付けられたブランド名には、並ならぬこだわりがあります。 これまで培った技術は今なお受け継がれとともに、日々新たな取り組みにも挑戦し続けています。また北欧らしいデザインのテキスタイルには、日本人デザイナーによる物もあったります。 こだわっているのは外見だけではありません。中のボトルにはドイツのファーシー製の物を使用しています。度重なる品質テストをクリアし、その耐久性はお墨付きで、品質面においても優れています。

ラプアンカンクリ

|北欧らしい柄のウール100%カバー

この湯たんぽのフェルトカバーは100%ウール製で、保温性にも優れています。また肌触りも良くチクチクしたりすることもあまりありません。長い伝統を誇るラプアンカンクリならではといった所ですね。

ラプアンカンクリ

 

いろいろな柄が描かれたカバーは、やはり目を引きます。今日ではマリメッコ等で活躍する日本人デザイナーの鈴木マサル氏などが、デザインを手がけていたりします。

|機能性にも優れています。

湯たんぽの中身のボトル部分はというと、ドイツのファーシー製で、主に樹脂製品を取り扱うドイツでは老舗のブランドです。度重なる耐性実験をクリアする等、品質においては日本にも通じるクオリティを持っているようです。意外にもこの樹脂は強度があり、大人が踏んだだけでは破れたりしないようです。また当然のことながらアウターのフェルトウールと伴って、保温性にも優れています。 実際にお湯を注ぐ口はネジタイプになっていて、ここを開け閉めして使います。精密に作られた樹脂は確実に水漏れを防いでくれます。 またインナーボトルは取り外すこともでき、フェルトは丸洗いが可能で、メンテナンスにも優れています。

ラプアンカンクリ
ラプアンカンクリ

■お湯を注ぐ口はネジタイプになっていて、ここを開け閉めして使います。精密に作られた樹脂は確実に水漏れを防いでくれます。

ラプアンカンクリ

■中身のボトルは折るようにして取り出すことができます。

● メーカー ラプアンカンクリ/Lapuan Kankurit(フィンランド)
●サイズ 約W20.0cm×H34cm 容量:2L
● 材  質 材質:アウター/ウール100% インナーボトル:塩化ビニール/ 耐熱温度:-20℃~90℃
● 生 産 国 フェルトカバー:made in Lithuania インナーボトル:made in Germany
● 注意事項 ・電子レンジで温めたり、沸騰したお湯をお使いになったりしないでください。
・お湯を注ぐ際は、本体をまっすぐに立ててお湯を3分の2程度まで注いでください。
ラプアンカンクリ

■ラプアンカンクリ Lapuan Kankurit 1973年~

|アイテム一覧