マリメッコ マグ&プレート2018-2019
イッタラ ティーマ ドッテドブルー

|60年代のレトロなカラーリング

ロータスが生まれたのが1960年代。戦後の北欧はスウェーデンを始め、その暗さを払拭すべく明るい色を多用した製品が溢れ始めます。 そんなノルウェーのキャサリンホルムも例外なく、ポップなカラーリングとデザインで人々を魅了しました。

イッタラ ティーマ ドッテドブルー

|機能性にも気遣い

デザインだけでは無く、機能の面でもちょっとした気遣いがされています。鍋を洗う際に掴み手の部分は取り外しができたり、また鍋蓋がそのまま鍋敷きになったりと、使いやすさにも工夫されています。

イッタラ ティーマ ドッテドブルー
イッタラ

■Cathrineholm キャサリンホルム /1829~1972年

|アイテム一覧